2015年03月04日

土足厳禁

仕事に関わるお食事会に行くたびに
似たようなことを書いているような
気がする今日この頃、如何お過ごしですが

毎度毎度のことですが。

あの

土足でずんずん入り込んでくる

感覚に拒否感を意識せずにはいられません

そんなプライベート聞いて何になります

と聞き返したくなるのをぐっと堪えて
適当に流していくのも疲れるものです

コンプレックスなのか。

憧れなのか。

排他的なものなのか。

何がそうさせるのか分かりませんけれども。

特に。

出身地と学歴に対する意識は非常に強いな

と感じます。

イメージで話しているのを感じ取りながらも
それを否定して現実を伝えた方が良いのか、
言っても無駄だとあきらめて、いうなれば
放置した方が良いのか、いまだに分かりません

もっと物事に対する考えかただとか
感じ方だとかを話した方が面白いのになぁ。

育ってきた環境を知ったところで。

自分が通っていない道なのだから。

その人のことは理解出来ないのでは?
と思うのでした

kinoko

kinokochan at 22:59コメント(0) この記事をクリップ!
引越し | 徒然

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
つきべつ
けんさく